最近のビールの広告ポスターに"水着の女性"が使われなくなった理由

先日, 大学のサークルで披露したネタなのですが, 十数年前までは居酒屋やお酒が出る個人経営のレストランには必ず「ビールジョッキを持った水着の女性」が写ったポスターが貼られていました. 先日行った焼肉店もいわゆる"レトロ志向"なお店で, そういうポスターが貼られていました. 「見たことない」という人も, Googleで画像検索してみると, 「あー, あれか」となると思います. 古いタイプだと着物の女性の物もありますね.

しかし, 最近ではそういったポスターはあまり貼られなくなっています. というかビールメーカーもそういうポスターはとっくに制作していないようです. なぜでしょうか.

いろいろ調べてみたところ, 以下の2つの理由があることがわかりました.

ビール以外のお酒も登場してきたから

最近ではビール以外のお酒(発泡酒, 第三のビールなど)もたくさん登場していますし, また, ビールであってもカロリーを抑えたり, ブランド化したものが多くなってきて, そういった点をPRするのには向いていないようです.

そして, もう一つの理由が

最近では女性もお酒を飲むようになったから

近年では女性の社会進出も進み, 居酒屋のビール=男性の飲み物というわけではなくなりましたからね. 女性へのPRとしてはあまり適していないと判断したようです. そういれば最近のビールのテレビCMには福山雅治や嵐などが登場していますね.

おまけ

ビール大手のキリンのロゴには, カタカナの"キ", “リ”, “ン"の文字が隠されています. よく探せば見つかるはずです.